ソウイジャパン株式会社は電磁波吸収ケースなど高付加価値商品をお届けします

Q&A

電磁波について

Q. 電磁波って何ですか?
A. 電気の力が働いている空間を電界といいます。下敷きで擦ると髪の毛が逆立つことや、乾燥した冬に衣類がまとわりついてパチパチするのは、静電気によって発生した電界によって起こった現象です。
磁石の力が働いている空間を磁界といいます。磁界は、磁石だけでなく電流が流れるとその周囲にも発生します。
電流の向きが交互に変わると磁界の強さが変化して新たな電界が発生する、それによりまた新たに磁界が発生する、というように電界と磁界が交互に発生しながら次々と伝わっていく波のことを「電磁波」といいます。

qa1.jpg
Q. 電磁波があたるとどんな影響があるのでしょうか?
A. 電磁波があたると、その一部は体内に吸収されてそのエネルギーが熱となります。強い電磁波にさらされた場合は発熱量も大きくなり体温が上昇します。この作用を「熱作用」といい、動物実験の結果から、熱作用は体温上昇によるストレスから、動物の行動パターンを変化させることがわかっています。電子レンジの温める機能は、分子を振動させ熱を発生させるこの「熱作用」を利用しています。長期的な影響としては、小児白血病、脳腫瘍などのガンのリスクが高まるという研究報告がある一方でリスクは確認されないという報告もあり、公的には確固たる科学的な証拠が不十分とされているのが現状です。
Q. どうして、携帯電話の電磁波は特に危険なのですか?
A. 携帯電話の電磁波の危険性が言われているのは、耳にあてて使用するため、脳への影響が危惧されているからです。特に子供は頭がい骨が小さく薄いため、大人より電磁波が頭の中に入ってしまい、脳神経も未熟なので電磁波の影響を受けやすいと言われています。携帯電話が普及してまだ20年ほどで長期間使用した場合の影響についてはデータがないため、世界の研究機関で健康リスクについての調査、研究がすすめられています。また、WHO(世界保健機関)は携帯電話に使用される電磁波を「発がんの可能性があるかもしれない」というグループに分類しています。
Q. 携帯電話のSARとは何でしょうか?
A. 電磁波にさらされるとそのエネルギーの一部は体に吸収され、熱作用をもたらします。このエネルギーの吸収率を表したものがSARです。人体側頭部で使用される携帯電話には、局所SARの許容値を守ることが義務付けられています。SARの許容値は国によって異なります。

国別 許容値 測定単位 組織名等
日本 2.0W/kg 10g平均 総務省令・無線設備規則
アメリカ 1.6W/kg 1g平均 連邦通信委員会(FCC)
スウェーデン 0.8W/kg 10g平均 労働組合連会(TCO)
ドイツ 0.6W/kg 10g平均 検討中
韓国 1.6W/kg 1g平均 情報通信部、産業資源部、労働部

日本は国際的なガイドラインである2.0W/kgを基準としていますが、電磁波先進国であるドイツやスウェーデンはさらに厳しい許容値を設定しています。それに比べると日本の許容値は3倍近くです。
局所SARは、耳に当てて通話する際に人体頭部に吸収される電磁波に対して規定されたものですが、通話以外の使用やタブレットや新たな無線通信機器が増えていることから、人体の側頭部以外の部位に近づけて使用する無線設備に対してもSAR許容値を適用することが、現在、安全性の観点から検討されています。
お使いの携帯電話やスマートフォンのSAR値については、各社のホームページなどで確認することができます。

SOUYI電磁波吸収ケースについて

Q. 電磁波を90%も吸収してしまうと、通話に影響は出ませんか?
A. 独自のアンテナ技術を採用していますので、不要な電磁波を吸収してもつながりやすさや通話品質に影響はありません。
Q. マグネットが電波状態に影響しませんか?
A. マグネットは必要な部分にだけ配置されていますので、電波に影響することはありません。
Q. マグネットは磁気製品に影響しませんか?
A. 念のため、磁気の影響を受けやすい磁気カードなどの近くでは使用しないでください。
Q. ケースをつけたままカメラの撮影はできますか?
A. ケースをつけたままでもカメラの使用は可能です。ただし、マグネットカバーの位置がずれていると、カバーの一部が写真に写り込む場合がありますので、ご注意ください。また、フラッシュ撮影ではケースの縁に光が反射して、写真が白っぽくなるなど変色が発生する場合がありますので、ご了承ください。
Q. GALAYXY SⅢの電磁波吸収ケースを装着してもおサイフケータイを使うことはできますか?
A. 残念ながら、ケースを装着したままではモバイルスイカやおサイフケータイなどを使うことはできません。GALAXY SⅢのFeliCa機能をご利用の場合はケースを外してください。
Q. セパレートタイプのマグネットカバーを外しても電磁波を吸収しますか?
A. マグネットカバーを外しても問題ありません。実際に電磁波を吸収するのはケースの内側に貼られたシールの部分です。マグネットカバーは電磁波吸収の機能とは関係ないので、外しても吸収力の効果にはまったく影響しません。
Q. 吸収された電磁波は熱に変換されるとのことですが、電話が熱くなることはありませんか?
A. 変換された熱は極微量のため、それ自体でスマートフォンが熱せられることはありません。
Q. 本当に電磁波を吸収するのでしょうか?
A. 世界的な検査機関であるテュフラインランドジャパン株式会社(http://www.tuv.com/jp/japan/home.jsp)で評価試験を受けています。この試験結果から、最大約90%の電磁波を吸収していることが実証されています。

周波数(MHz) 参照レベル(dBM) レベル内の最大変化(dB) %
850 -55.83 -11.88 93.51
1500 -59.59 -10.26 90.57
2000 -77.38 -9.23 87.87
2500 -79.37 -9.42 87.99

検査レポートの詳細はこちら→

qa001.jpg qa002.jpg qa003.jpg qa004.jpg

SOUYI電磁波吸収シートについて

Q. 電磁波吸収シートはどんなスマートフォンにも使えますか?
A. シートを貼るスペースがあれば使用することができます。シートのサイズは57 x 100mmです。機種によってはスピーカーやマイク、カメラがシートで隠れてしまい、それらの機能に影響したり、使えなくなる可能性がありますので、ご確認ください。
Q. 電磁波吸収シートはどのように使用すればよいですか?
A. 次の3つのいずれかでお使いください。どの場合も電磁波吸収の効果に違いはありません。

1. スマートフォンの背面に貼る 
スマートフォンの背面に直接貼ります。できれば、その上からケースを装着されることをお勧めします。シートが傷つくことを防ぐことができます。

2. ケースの内側に貼る
ご自分で準備されたケースの内側に貼って、ケースをスマートフォンに装着します。

3. ケースとスマートフォンの間に挟み込む
シートについている透明のフィルムを剥がさずに、ご自分で用意されたケースとスマートフォンの間に挟み込みます。フィルムの余白部分はシートのサイズまでカットしても構いません。
 
Q. 一度貼ったシートを剥がして使っても大丈夫ですか?
A. 一度貼ったシートを剥がすとシートが傷ついて性能に影響する可能性がありますので、避けてください。別のケースやスマートフォンに繰り返しお使いになることを想定されているのであれば、シートについている透明のフィルムを剥がさずに、ご自分で用意されたケースとスマホの間に挟み込んでご使用ください。サイズ調整が必要であれば、フィルムの余白部分をカットしてください。
Q. シートを使った場合、おサイフケータイやモバイルスイカなどの機能を使うことはできますか?
A. 残念ながらシートをつけた場合、モバイルスイカやおサイフケータイなどのFelica機能を使うことはできません。
Q. 電磁波吸収の機能は、どのくらい持ちますか?
A. 電磁波を吸収することでシートが消耗や摩耗することはないので、基本的にシートが破損しない限り、電磁波吸収の効果は持続します。

iPad miniスリーブケースについて

Q. iPad mini以外のタブレットにも使用できますか?
A. iPad mini相当の7インチタブレットであれば、使用可能です。ただし、Kindleは横幅が広いので入りません。
参考サイズ:iPad mini: 200 x 134.7 x 7.2mm
      Kindle: 193 x 137 x 10.2mm
Q. 電磁波吸収機能はついていますか?
A.  こちらの商品には電磁波吸収機能はついていません。